島根の郷土出版 ハーベスト出版
出雲国の源流から〜意宇の神仏の宝もの〜/島根県立八雲立つ風土記の丘
▲トップページ▲会社案内▲お買い物方法▲送料について▲通販法に基づく表示▲お問い合わせ
書籍情報

展示図録

出雲国の源流から
『出雲国風土記』の冒頭には、“意宇(おう)”の地名起源伝承として、「国引き神話」が記される。

「国引き神話」は古代出雲の国造りを物語化したものだが、『古事記』や『日本書紀』に記されていない神話である。これまでの研究から、風土記の丘周辺地域は古墳時代後半に大型の古墳が築かれ、奈良時代には出雲国府が置かれる等、政治・経済・文化の中心地であった。
奈良時代の意宇郡は、現在の安来市から東出雲町、旧松江市南部、松江市玉湯町、宍道町までの広い範囲であった。また、この地には出雲国造家と関わりの深い意宇六社と呼ばれる神社や、有力な寺社がある。これらの社寺には、中世以来の古文書類や各種の宝物類が伝えられ、その他特殊な神事が伝承されている。これらはこの地方の文化の発展と深い関わりをもっている。

商品番号:Z10
出雲国の源流から
〜意宇の神仏の宝もの〜

本体価格:1,800円+税
  • 波製本96ページ
  • サイズ/A4判

▲トップページ▲会社案内▲お買い物方法▲送料について▲通販法に基づく表示▲お問い合わせ
ハーベスト出版
ハーベスト出版
〒690-0133 島根県松江市東長江町902-59 TEL0852-36-9059 FAX0852-36-5889