島根の郷土出版 ハーベスト出版
古代出雲の考古学/山本 清(著)
山陰考古学研究の先駆者として、遺跡とともに歩んできた70年の回顧と期待。
▲トップページ▲会社案内▲お買い物方法▲送料について▲通販法に基づく表示▲お問い合わせ

書籍情報
古代出雲の考古学
山陰考古学研究の先駆者として、遺跡とともに歩んできた70年の回顧と期待。

山陰の土器は弥生時代後期から古墳時代前期にかけて顕著な地域的特色を示すので、一つの文化圏、生活圏をなしていたと思われるが、斐川町荒神谷遺跡で358本の同型式の銅剣が出土したとき、私は山陰に分与するために用意されたものと考えた。 山陰が一つの連合体をなしていてその中心=盟主が、荒神谷に近いところ=後の「出雲の国」の西部にあったと考えたのであった。(本文より)

商品番号:004
古代出雲の考古学
山本 清(著)

本体価格:3,690円+税
  • 361ページ

▲トップページ▲会社案内▲お買い物方法▲送料について▲通販法に基づく表示▲お問い合わせ
ハーベスト出版
ハーベスト出版
〒690-0133 島根県松江市東長江町902-59 TEL0852-36-9059 FAX0852-36-5889